若者雇用

企業や団体に限らず、一つの国が長期的な繁栄を得るためには若者雇用に力をいれる必要性があります。組織の土台は、若者雇用にかかっているといっても過言ではありません。若者が基礎的な職業訓練を雇用を通じて経験することで、将来的には組織を支えるだけの優秀な人材へと成長を遂げることができるのです。
もしも若者雇用に力をいれず、適切な職業訓練を怠ると若者は年齢を重ねても組織にとって力になれない存在になってしまい、長期的には組織にとってマイナスの人材になってしまう恐れがあるので、長期的な繁栄をのぞむのならば、若者雇用は最も力をいれて取り組む必要があります。
このような取り組みは企業一社の努力よりももっと大きな、政府による努力が必要となります。若者が雇用されやすい環境を整備することで、若い時期に適切な職業訓練を受けられないといった事態を避けることができるのです。雇用されることで若者は多くを学びます。社会人として生活する上で必要な知識や経験が、人材を強く育てていくのです。
しかし、弱い人材しか育たない組織はやがて衰弱し、崩壊してしまう可能性が高くなりますので、これから大きな繁栄を組織に望むのならば、まずは若者に働く機会を提供するところから始めるべきです。
若者が雇用され、仕事に必要な経験を多く積み、やがて年齢を重ねると、今度は新しい若者にモノを教える番になります。最初は経験が少ないため戦力にならない若者もやがて成長することで組織を支える大黒柱へと成長します。そして年齢を重ねた後、再び新しい若い世代に仕事を教えるのです。組織は新陳代謝を起こすことで継続的に繁栄し続けることができるのです。若者は組織にとって新しい細胞です。その細胞に適切な栄養を与えないと身体はやがて腐ってしまい、それは組織についても同じことがいえるのです。若者が育ちやすい組織はいつまでも利益を生み出し続けることができます。
反対に、若者をないがしろにして中途採用といった、即戦力だけを求める組織は衰退しやすく、若者の雇用に力を注ぐ企業には勝てません。若い頃からトレーニングを受けているビジネスパーソンは、考え方から仕事のやり方まで、すべてが一流の感覚になるまで研ぎ澄まされています。そのような優秀な人材を一人でも多く輩出するためには、現在の現役世代が若者を多く雇用して、チャンスを多く与える必要があるのです。チャンスを与えられ、貪欲に努力する若者が、組織を牽引する素晴らしいリーダーへと成長するのです。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>